マニュアルを外注しよう

PC操作

マニュアル外注時の注意点

お仕事をしていて、マニュアルを作る暇がない、ノウハウがないと感じたことはありませんか。漏れなく書こうとすると読む人に易しくないマニュアルになってしまいますし、読み易いデザインというのも専門家でなければ中々わかりませんよね。また、マニュアルがしっかりしていればお客様からの問い合わせの頻度がグッと減ることもあります。では、そんなマニュアルを作るにはどうしたらいいのでしょうか。製品への理解も必要ですが、マニュアル制作の専門家に任せてみるのはいかがでしょう。つまり、マニュアル制作会社への外注です。マニュアル制作会社であればデザインや、読み易い言葉選びのノウハウも持っています。何より外注化することでコストを減らせる、業務の効率化も出来るかもしれません。マニュアル制作会社と言っても世の中には多く会社があります。どのように選んでいったらいいのか、そのポイントを紹介致します。まず、その会社のWebサイトや発行しているパンフレット等があれば必ずチェックしましょう。マニュアルは何と言ってもデザインが大切です。制作を任せる会社の作るものが洗練されているのかどうか事前に確認しましょう。次に、制作会社の得意分野は何か調べましょう。会社も個人と同じように、得意不得意があります。どういったマニュアルを求めているのか自分の中で明確にし、それを得意とする会社へ依頼するようにしましょう。そして最後に、きちんと話を聞いてくれるか、説明を求めれば応じてくれるかというところに注目しましょう。出来上がってくるまで完成像がなかなか見えないものだからこそ、見積もりに不明な点はないか、話し合いをしっかりした上で制作に取り掛かってくれるかは重要です。マニュアル制作会社に外注できれば、低コストで見栄えもよくわかりやすいマニュアルを作ることだって可能です。ここに挙げたポイントを参考に、ぜひ一度依頼してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 電話代行はサービスの良い業者【気軽に相談できる】 All Rights Reserved.