電話対応の負担を軽減する

固定電話

留守中はプロが代理応答

少数精鋭で事業に注力しているオフィスや店舗の場合、ともすると本来業務以外の業務に十分手が回らないことがあります。たとえば電話対応もその1つです。こうしたことから、近年は電話代行サービスの人気が高まってきています。電話代行とは、自分のところにかかってきた電話を専門業者の許へ転送し、代理応答してもらえるサービスです。言わば接客業務のアウトソーシングともいうべき存在です。電話代行にはさまざまなサービス形態があり、料金体系も多様です。最もポピュラーなのは月額固定制で、受信するコール数が一定件数以内なら基本料金のみ、超過したらその件数に応じて従量課金されるというタイプです。基本料金は月20件までで3,000円前後、100件までで1万円前後、超過分は1件につき100〜150円というのがおおよその相場です。具体的なサービス内容は電話代行業者ごとに少しずつ異なります。基本となるのは代理応答してメッセージを預かり、通話内容をファックスやメールで報告してくれるというものですが、業者によっては機械音声による時間外アナウンスやスケジュール登録などが基本料金に含まれているところもあります。また、業者の中には緊急を要するメッセージについて依頼者の携帯電話に再転送するサービスや、通話内容を重要な案件から単なる勧誘電話までさまざまなカテゴリーに分けて報告するサービスなどを提供しているところもあります。これらは非常に評判が高いサービスですが、多くの場合オプションとなっています。

Copyright© 2018 電話代行はサービスの良い業者【気軽に相談できる】 All Rights Reserved.